奥深いシャルキュトリー

シャルキュトリーとは肉の加工品のことで、
ハムやパテ、ソーセージなどの総称を表します。
語源はフランス語で「肉」という意味のchair、
「火を通した」という意味の
cuiteという2つの言葉からなります。
フランスでは伝統的な保存食として代々伝えられてきました。
地方ごとにそれぞれ独特のレシピがあり、
作る人によって何通りものシャルキュトリーが存在します。
当店でも手間暇かけて作っており、
完成までに平均26時間を要します。
店主が情熱を込めて、美味いに自信がある
シャルキュトリーをぜひ堪能してください。
ワインとの相性も抜群です!

シャルキュトリー

※季節に応じて内容は変動致します。

1,280

シャルキュトリー

サラミ
豚のひき肉や塩、ラム酒などを混ぜて腸詰した後に、約1か月から2か月間熟成させた肉加工品です。
ハム
イタリア、エミリア・ロマーニャ州の伝統的につくられたハム。濃すぎない塩味に柔らかい舌触りと優しい味が特徴のハムです。
生ハム
世界三大ハムの一つと称されており、イタリア産の燻製していないハムのことを指します。一般的なハムよりも塩分が効いて、モチっとした食感です。

自家製ハム

パテドカンパーニュ

リエット

※価格は税別表示です。

自家製加工肉

パテドカンパーニュ

単品 580

パテドカンパーニュとは「田舎風パテ」という意味で
フランスの家庭料理として知られています。
肉類を混ぜ、型に入れたものに香辛料やハーブ類などで
味付けをし、焼き固めます。
そして冷蔵庫で保存しさらに肉の旨みを閉じ込めます。

パテドカンパーニュ

調理工程

工程01

粗さの違う3種の豚ミンチと鶏レバーの肉と卵を素材に使用します。

調理工程

工程02

粘り気が出るまで混ぜ合わせ、さらに玉ねぎのすりおろしを追加します。

調理工程

工程03

コクと旨みを含んだ網油の型に入れ込みます。

調理工程

工程04

タイムやグローブなどの薬草を載せ香りを出します。
丸1日寝かせ、味を締めてから、焼き上げ、冷蔵します。

自家製ハム

自家製ハム

3時間寝かせて

香草入りの塩水に3日間漬け込み、
野菜のブイヨンで1時間かけてゆっくりと低温調理します。

DECO

リエット

リエット

豚肉のバラ肉や肩肉をみじん切りにして
ペースト状にしたものです。
1日寝かせ、熟成させてから提供しております。

deco

自家製ソーセージも

680

超粗挽きの豚肩肉をメインに数ヶ月の試行錯誤を重ね、
ようやく辿り着いた絶妙な配合バランス。
一本づつ豚腸に詰めた後も、
低温調理→乾燥・熟成と最後まで手を抜きません

自家製ソーセージ

自家製ソーセージ

ワインと一緒に

カルネバッカの肉料理